ネットや店舗で買える格安スマホ

現代の日本人は一人に1つの携帯電話を持つ時代になりましたが、スマートフォンを持っていると毎月7千円以上の出費になる事があるので、家計に占める通信費の割合が高くなっている事があります。

通信費が高いと感じている場合に向いているのが格安スマホへの変更であり、これに切り替えるだけで大幅に通信費を抑えられます。

代表的な格安スマホ(音声基本料・高速データ3GB)の月額料金は1500~2000円となっていて、ほとんどデータ通信を行わない場合は1500円以内で抑えられる事もあるので、家族4人全員(シェアプランを契約)でスマートフォンを持っている場合の通信費(自宅ネット回線含む)は、1万円強で維持が出来るでしょう。

格安スマホを提供している事業者の中には、インターネット回線をセットで契約する事でお得になる割引プランを提供している事も有るので、キャンペーンや割引情報をチェックしておくと更に維持費が安くなる事も有ります。

格安スマホを契約・購入する場所として挙げられるのが、格安スマホ事業者・家電量販店等であり、店舗ではクレジットカード・個人が認証出来る免許証などを持参すれば即日で契約する事が可能です。

番号持ち運び制度(MNP)で新規契約する場合は、以前使っていた携帯電話会社で番号移行手続き(手数料が掛かります)が必要となっている点には注意しましょう。

番号持ち運び制度は、事前準備をしっかり行っておく事で端末を使えなくなる期間を数時間~1日に抑えられるので、早めの準備が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です