格安スマホは通信設備を借りることなどで安くしている

日本で提供されているスマートフォンの利用料金は外国と比較してみると高いとされています。

大手キャリアが提供するスマートフォンを使うときには月額の平均的な利用料金はおよそ7千円から8千円ぐらいと高い金額です。ですので総務省は格安スマホや格安SIMを提供するMVNOが普及するように推進しています。

格安スマホは呼び名の通り利用料金が格安のスマートフォンのことです。月額でおよそ2千円から3千円ぐらいでスマートフォンを使うことができるので大手キャリアの利用料金と比較するとおよそ5千円ぐらい月額の利用料金が安くなることになります。

2台目としてだけでなくメインで使用する端末として格安スマホを使うという人も近頃は急に増加している状況です。大手キャリアの場合は自分の会社で基地局やアンテナ、通信ネットワークなどといった設備を設立していますがMVNOはこれらの通信設備を大手キャリアからレンタルしています。

そのためそのMVNOを利用する人数の規模に応じた適切な規模を有したネットワークを借りることが可能で運営するのにかかる費用に無駄が発生しない仕組みです。そして大手キャリアの方は利用する人をサポートするために日本全国の各地に窓口となるショップを営業させていますがMVNOの場合は主なサポート業務は電子メールや電話などで実施していて広告やテレビコマーシャルなどといった広告宣伝費などのコストも極力抑えて運用しています。

こういった色々な経費を抑えることによって安い値段の利用料金で通信サービスを提供することができる訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です