初心者でもわかる格安スマホ

テレビ番組やニュース記事で頻繁に見かけるようになった格安スマホですが、契約するには何が必要なのでしょうか。

格安スマホを契約するには、それを提供している事業者の端末・SIMカード(利用者の個人情報を登録したカード)を購入する必要があります。

スマホやSIMカードは、事業者の公式サイト・街中にある携帯ショップ・家電量販店の格安スマホコーナーで手に入れる事が可能であり、事前に購入予定の商品を決めておけば即日で契約する事も出来ます。

2017年時点では、様々な格安スマホ事業者が参入していてどの業者を契約するか迷ってしまいますが、音声通話・データ通信をあまりしない場合は2千円弱で使えるプランを契約しておくのが無難です。

自宅にいる機会が多くて外出時にあまりデータ通信をしない場合は、1GBや2GB等を提供している事業者の契約を視野に入れておきましょう。音声通話に関しては、30秒の通話で20円を課金していくプランが一般的となっており、通話をする機会が多い場合は、従来の通話料金から半額になる通話アプリや10分定額制オプションに加入しておくのがおすすめです。

端末は、以前のキャリア(大手携帯電話会社)で自分が使っていた製品をそのまま使用するか、新たにSIMフリー端末と呼ばれる製品を購入するかのいずれかが一般的となっています。

最近では、1万円台から購入する事が可能となっているので、スマホデビューをする場合はまずは廉価版やミドルスペックの製品を買って使ってみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です